大腿が太いのは血統?下半身太りと遺伝の縁

 

 

家族で体型が似ている、というケースは多くあります。両親に下半身太りの傾向が見られること、幼児も下半身太りにのぼるのでしょうか。ここでは、太りやすさと遺伝の縁や、遺伝の影響で下半身太りが見て取れる場合の効果的なダイエット法などを解説していきます。

 

 

大腿が太いのは血統?下半身太りと遺伝の縁

 

私たちの身体や慣例を作る模様画である遺伝子。実は太りやすい、痩せやすいなど肥満に関する遺伝子があるのです。

 

 

体型を設けるのは遺伝子?

 

人間の身体は父兄から半ばずつもらった遺伝子という模様画を基にかたち作られています。

 

そのため、顔の特質や背格好など体型が似るのはあたり前とも呼べるのです。体型が似るということは、肥える慣例も似ている、つまり「太りやすさ」は遺伝するということです。

 

肥満に関係する遺伝子は世界中で確認されており、父兄ともに常連ウェイトのこと、キッズが肥満に繋がる比は約10%、片方の両親が肥満の場合は約50%、父兄ともに肥満である場合は約80%といわれています。

 

こう聞くと「両親が太っているから仕方ない」と思ってしまうかもしれませんが、そんなことはありません。慣例がまとまるのは遺伝だけの問題ではなく、事態も激しく関わってきます。太りやすいという遺伝子を持ったパーソンが太りやすい事態下にあって、はじめて肥満体型は作られます。

 

たとえ太りやすい遺伝子をもっていたとしても、日々の生活に注意し、太らないように心がけていれば、常連体型を維持することも可能なのです。

 

遺伝子で違う太りヤツの品種

 

肥満に巡る遺伝子は約60階級あるといわれています。その中で、3階級の遺伝子が肥満に大きな影響を与えておることが、調査がすすむにつれてわかってきました。その遺伝子を元に慣例区分したのが「リンゴタイプ(ベータ3AR遺伝子)」「洋無しタイプ(UCPI遺伝子)」「バナナタイプ(ベータ2AR遺伝子)」の3つです。

 

りんごタイプ

 

臓器脂肪がつき易く、腹部知り合いが太くなりがちな、ぽっちゃり体型。炭水化物が歓迎、腹部がすくとイライラする、ご飯の誘引に勝てない、といった傾向が見られます。

 

バナナタイプ

 

イロハ代謝が高く、全体的にほっそりとした体型。太りにくいですが、先ず肥えると痩せがたいのが特徴です。あっさりしたご飯を親しむ、モーニングを抜き気味、ご飯の時刻があやふやでもこだわらない、といった傾向があります。

 

洋皆無タイプ

 

躯幹より下半身が太くなりがち。おけつや大腿に脂肪がつきやすい品種です。脂質の多いご飯を憧れます。燃焼しにくい皮下脂肪が多いので、痩せ難い慣例です。日本人の4パーソンに1パーソンが当たるといわれています。

 

また、上記の3つの肥満つながり遺伝子に変異が見られないパーソンもいます。この品種のパーソンは遺伝子の感化は少ないですが、慣例によって太ることがあります。

 

自分の遺伝子タイプを解ると痩せやすい!

 

生まれ持った遺伝子は差しかえることはできません。しかし、自分の遺伝子品種に合ったダイエットをすることで、効果は高め易くなります。

 

下半身太りしやすい「洋皆無タイプ」の場合は、脂質の代謝が不向きで、健康脂肪をため込み易いのが特徴です。このタイプで注意したいのは、油の摂り方。脂質のできるだけ少ないご飯を噛みしめるようにしましょう。

 

野菜など食物繊維を先に食べ、炭水化物を先にまわすといったような段取りで脂質の吸収を押さえつけることができます。下半身に皮下脂肪が山盛り付く品種ですが、皮下脂肪は燃えがたいのが足もとです。深めのスクワットなどで下半身を鍛え、皮下脂肪の代謝を促しましょう。

 

同じダイエット術でもやせるパーソンと痩せないパーソンがいるのは、遺伝子の感化も考えられます。

 

効果があるといわれているダイエットを続けているのに予約が見られない…というヤツは、ひと度ご自分の遺伝子タイプを確認してみてはいかがでしょうか。

大腿が太いのは血統?下半身太りと遺伝の縁関連ページ

痩せる秘訣は遺伝子検査をすることからですよ!
話題の遺伝子検査ダイエットキットを買いました。遺伝子検査ダイエットで肥満タイプを知ったことで今後のダイエットもうまくいきそうです。
肥満体質なのかをチェックしておく!
話題の遺伝子検査ダイエットキットを買いました。遺伝子検査ダイエットで肥満タイプを知ったことで今後のダイエットもうまくいきそうです。
長寿遺伝子がONに!痩身のための5つのミソ
話題の遺伝子検査ダイエットキットを買いました。遺伝子検査ダイエットで肥満タイプを知ったことで今後のダイエットもうまくいきそうです。