自分に向いてるダイエット法は遺伝子できまる!!

 

自分の体の“肥満遺伝子”を調べて、自分の因習を解ることから設けるダイエットってことはわかったけど、そもそも“肥満遺伝子”ってどういうものなんでしょうか。鋭いママたる存在、実践する前にきちんと理解しておかなければ。

 

 

遺伝子とは

 

“遺伝子”とは父兄から輩に伝わる、大切のプログラム挿し絵のようなもの。そうそう、だから私は父さんに似て眉毛が三角種別なんです。綺麗な眉毛の輩がねたましい?。

 

 

ほかにも、「お酒に著しい因習かどうかは遺伝子で仕上がる」なんて対談はよく聞きますし、髪の毛も遺伝子でまとまる代表面的な事例ですよね。私の髪クォリティーも母ゆずりのフランク。遺伝子は見た目にも影響するんですね。

 

 

そんな遺伝子ですが、実は、「ウエスト近辺から太り始める」「下半身が太りやすい」といった太りやすい周辺や、何を食べると太るのかなど、ダイエットには欠かせない自分の因習の説まで決めているんです。この説こそ“肥満遺伝子”。これを分かるのと知らないのでは、ダイエット反響もてんでなるのではないでしょうか。遺伝子って侮れませんね。私は今まで、あんな自分の体の基礎知識も知らずにひとつひとつダイエット秘訣を試していたんですね。そりゃ成功しないわけだわ……。

 

肥満遺伝子の検査秘訣

 

肥満遺伝子を知っただけで、今や勝った思いで掛かる私ですが、気になるのは検査秘訣です。“遺伝子を取り調べる”って、何をやるんでしょう。何だかおそろしいです……。

 

検査と聞いて血液検査を思い浮かべてしまったのですが、やっぱり注射で見るんでしょうか。注射は嫌だな、実に……。と勝手にイマジネーションをふくらませていましたが、調べているとネットで買える『肥満遺伝子検査キット』を拡大。

 

どうやら、検査といっても大掛かりなものではなく、綿棒を使った簡単な存在らしいです。しかも、口論も郵送で済むんだとか。これなら、恐がりの私でも安心して検査できそう。

 

額面は5800円。う〜〜〜ん、安くはない……。ただ、遺伝子は生活変わらないので、一回だけ検査すれば生活使える説が貰えるとの所。生活に一度って考えれば安いか。

 

さっそく『肥満遺伝子検査キット』を入手することにしました。