「肥満遺伝子」はある!DNAで決定されていたのバリエーション

 

太りやすい方、太りにくい方、親が痩せていると人も痩せている…肥満通例、ヤセ通例は遺伝していそうな気がしますが、本当のところはどうなのでしょうか?

 

 

肥満遺伝子の側が確認されてある!

 

いくらでも食べても太りにくい方、逆にあんまり食べなくても太りやすい方、みなさんの周りにもそういう方がいるかと思います。では、一体肥満通例とヤセ通例、その決定的な相違とは何なのでしょうか。その回答はズバリ「遺伝系動機」です。

 

現在、「肥満遺伝子」なるものの側があることが解ってきました。これは野望代謝に関係している遺伝子で“太りやすさ・太りにくさ”に関連しています。

 

野望代謝に関連している遺伝子のバリエーションは多数あり、今までに発見されて要るものだけでも50を超えています。

 

その中で “太りやすい通例を設ける肥満遺伝子”には、主に

 

 

・β3アドレナリン受容人体(β3AR)の変異
・脱共役タンパク質1(UCP1)の変異

 

という2バリエーションがあります。ここでは、この2つの遺伝子の姿をみていきたいと思います。
1:β3アドレナリン受容人体(β3AR)の変異

 

 

野望返済を節約して仕舞う倹約遺伝子。

 

 

なるべく野望を使わないようにして、乏しい野望でやりくりするように働きます。そのため、残った野望を人体脂肪として溜め込んでしまうのです。

 

飢餓に著しいというメリットはありますが、現代のような飽食の場面代では、ムダに野望を溜めこむゆえ、肥満に変わるといった泣き所のほうが広いでしょう。

 

この倹約遺伝子は、日本人の3方に1方が有すると推定されています。また、倹約遺伝子を有すると毎日のはじめ代謝本数が通常よりも200kcalも安いことがわかっています。